ウォーターサーバー選びの参考に

ウォーターサーバー口コミnavi

赤ちゃんバナー

コラム

容器について

ここ数年、注目を集めているのが空気が入らないワンウェイ方式のウォーターサーバーです。
以前はガロンボトルのリターナブル方式が主流でしたが、最近はワンウェイ方式を選ぶ人が多くなっています。
では、どうして空気が入らないワンウェイ方式が支持されているのでしょうか?

理由は明確で空気が入らないウォーターサーバーの方が安全性が高いからです。
ガロンボトルのリターナブル方式の場合、構造上どうしても空気を入れないといけません。
空気を入れると水の中にウイルスや雑菌などが入り込み、増殖する危険があります。
除菌システムを搭載しているタイプならそこまで心配はないですが、
中にはそうしたシステムがないものもあるので注意してください。
さすがにお金を払ってわざわざ雑菌が増殖した水を飲むのは避けたいですよね。

一方、ワンウェイ方式のウォーターサーバーはボトルやサーバー内部に
空気が入らない仕組みになっており、常に衛生的です。
水の中に雑菌が入っていないので小さな子供にも安心して飲ませることができます。
これが空気が入らないワンウェイ方式のウォーターサーバーが支持されている理由です。

また、空気が入らないということは品質も変わりづらいということです。
空気が入ると品質が低下しやすく、時間が経つと味にも影響を与える可能性があります。
品質が変わりづらいワンウェイ方式なら、最初から最後まで同じ味の水を楽しむことができます。

ワンウェイ方式のウォーターサーバーのメリットは、これだけではありません。
手軽に利用できるのもワンウェイ方式のメリットなので覚えておきましょう。
ガロンボトルの場合は、容器が重いので水の交換をするのが大変ですが、
ワンウェイ方式だと容器がプラスチックでできていて、使っているうちに自動的にしぼんでいきます。
使い終わったボトルは小さくたたんで、資源ゴミとして捨てられます。
ガロンボトルは再利用されるため、業者に回収してもらう必要があり、それまで自宅で保管しないといけません。
空きボトルの保管スペースを確保しないといけませんが、ワンウェイ方式だとその必要がないです。

使い勝手を比べるとリターナブル方式よりもワンウェイ方式の方が勝っています。
手軽さをウォーターサーバーに求めるなら管理人もワンウェイ方式をおすすめします。

しかし、ワンウェイ方式のウォーターサーバーにも「ゴミが出る」「リターナブル方式よりも割高」
などといったデメリットがあるのも忘れないでください。

ページの先頭へ戻る