ウォーターサーバー選びの参考に

ウォーターサーバー口コミnavi

赤ちゃんバナー

よくあるご質問とその答え

非常時の備えとして利用できるの?

ウォーターサーバーを非常時の備えとして設置する人も増えています。
災害が起きた場合、ライフラインが停止して、水道を使用できない可能性があります。
そんな時でもウォーターサーバーがあれば、水に困ることはありません。

備蓄水としてペットボトルを購入しておくという方法もありますが、
いつ起こるのか分からない時のためにお金を払うのはもったいないと感じる人もいるでしょう。
賞味期限もあるので長期間の保管が難しく、いざという時に使えない可能性だってあります。
さらに貯蓄水を保管するスペースも確保しないといけません。
ペットボトルだとこうした問題があるため、貯蓄水としては利用しづらいです。

一方、ウォーターサーバーの場合は、定期的に新しい水を注文するので、常に新鮮な水をストックできます。
ペットボトルのように賞味期限が迫る度に買い直す必要もなく経済的です。
基本的にウォーターサーバーの水は未開封だと約6ヶ月程度持ちます。

一般的に3日分程度の水は最低限備蓄しておく必要があり、1人当たり1日に必要な水は最低3リットルだといわれています。
3日間で1人当たり9リットルの水が必要になるので、3人家族だと27リットル、
4人家族だと36リットルの水を備蓄しておかないといけませんが、この量はあくまでも最低限の量です。
すぐに水を確保できない場合もあるので、可能であればこれ以上備蓄しておきましょう。

非常時のことを考えてウォーターサーバーを特に導入して欲しいのが赤ちゃんがいるご家庭です。
赤ちゃんは大人とは違ってデリケートなので、ミネラル分が多い硬水をミルクに使用することはできません。
もし、使用できるのが身近に硬水しかなかった場合、ミルク作りが難しくなります。
ウォーターサーバーがあるとこうしたトラブルも回避できます。

ウォーターサーバーは贅沢なイメージが強いかもしれませんが、
災害が起きた時のことを考えるとあるに越したことはありません。
家族の安全を守るためにもウォーターサーバーの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにウォーターサーバーは停電時でも使用可能です。
電源が入らないため、冷水・温水は使用できず、常温になってしまいますが、
レザー・ボタンを押したり、コルクをひねると普通に水が出ます。
ただし、常温だと消費期限が短くなるため、早めに使い切るようにしてください。

管理人が災害時のことを考えてウォーターサーバーを設置するならフレシャスにします。
フレシャスが採用しているウォーターパックだと角を切ればサーバーに設置しなくても使えますし、
持ち運びもしやすいので便利です。

ペットに与えても大丈夫?

ウォーターサーバーの水をペットにも飲ませたい!そう考える飼い主は少なくないでしょう。
基本的にペットに飲ませても問題ありませんが、飲ませてはいけない水もあるので安易に与えるのは危険です。
なにかあってからでは遅いので、どういった水なら大丈夫なのか?どういった水だと駄目なのか?
といったことを正しく理解してからペットに飲ませてください。

ペットにウォーターサーバーを水を飲ませる場合、気をつけたいのが硬度です。
水には硬度の低い軟水と硬度の高い硬水の2種類があります。
硬度の高さはミネラル分の多さで決まるため、軟水よりも硬水の方がミネラルがたっぷりと入っています。

ペットに与えてはいけないのはミネラル分が豊富な硬水になります。
人間よりも体が小さいため、ミネラル分が多い硬水を飲ませると尿路に石が溜まる尿路結石など
泌尿器に関わる病気のリスクを高めてしまいます。
ミネラルの過剰摂取はこうした病気を発症させてしまう危険があるので、硬水の水を与えてはいけません。
オシッコの量が減った、頻尿になった、血尿をしている、お腹がパンパンになっているといった症状が見られる場合、
ペットが尿路結石にかかっている可能性があります。
ウォーターサーバーの水を飲ませていて、こうした症状が現れた場合は、すぐに飲ませるのをやめて、
病院に連れて行きましょう。
人間にとっては体に良くてもペットにとっては悪影響を及ぼすものはたくさんあります。
その1つが硬水だというのをしっかりと覚えておきましょう。

ペットの飲み水としても利用したい場合は硬度の低い軟水をおすすめします。
天然水でもミネラル分が少ないタイプであれば、ペットに与える影響は少ないですが、できればRO水を使用してください。
特殊なフィルターを使用して不純物がほとんど除去されているので、ミネラル分が含まれていません。
ただし、RO水の中には人工的にミネラル分を加えたものもあるため、RO水という名前だけで選ぶのは危険です。
アクアクララやクリクラはこのタイプになります。
ペットの健康を考えるならミネラル分が含まれていないアルピナウォーターがいいでしょう。

また、水槽の水にウォーターサーバーを使おうと思っている人もいるかもしれませんが、これは絶対にやめてください。
水質が変わると魚が死んでしまうかもしれません。
今までと同じように水道水をそのまま利用しましょう。
そもそも水槽の水にウォーターサーバーを使ってしまうと水代が高額になり、家計を圧迫してしまいます。

レンタルと買取どちらが良いの?

ウォーターサーバーを設置する場合、レンタルと買取の2種類から選ぶことができますが、
どちらの方が良いのか気になりますよね?
結論から言うと、どちらにもメリットとデメリットがあるので、一概にどちらが良いのか答えることはできません。

例えば、ウォーターサーバーをレンタルした場合、月額500円から1000程度しかかからないので、
気軽に設置することができます。
また、必要な時に使用して、必要が無くなったら返却することができるという手軽さもメリットです。
こういった大きなメリットがあるため、ウォーターサーバーを利用されている方のほとんどは、
みなさんレンタルで設置していると思ってください。
ただし、一定期間使用しないと違約金が発生したり、レンタルなので取り扱いに注意しないといけない
というデメリットもあります。

買取でウォーターサーバーを設置するメリットは、支払いを終えた時点で自分の物になるので、
設置費用を毎月支払う必要が無いという点です。
そのため、長期間使用されるのであればレンタルよりもお得になります。
しかし、支払い途中で解約する場合、一括返済しないといけないというデメリットがあります。

このようなメリットとデメリットを考慮した上で、レンタルにするのか、または買取するのかをお選びください。

故障をしてしまったらどうすればいいの?

ウォーターサーバーは、そう簡単に故障する機械ではありませんが、
万が一故障してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?
ウォーターサーバーが故障した際の対処法は、各メーカーによって異なるため、契約前に確認しておくようにしてください。
破損の種類や破損状況によっては、かなりの出費になる可能性もありますが、この金額もメーカーによって異なります。
基本的にレンタルよりも買取のウォーターサーバーの方が修理費用は高くなるので、
小さなお子様がいて壊してしまう可能性が高いと感じるのであれば、レンタルにされた方が良いかもしれません。

そして、「故障かな?」と思った時は、まず各メーカーのホームページにアクセスして、
ウォーターサーバーが故障した際の対処法を確認してください。
ほとんどのメーカーが、ウォーターサーバーが故障した際の対処法を紹介しているので、
そこで問題が解決するケースもあります。
しかし、何を試しても利用できない場合は、完全な故障だと思われるので、メーカーに連絡をして修理を依頼しましょう。
修理費用は、先ほどもお話したように破損の種類、破損状況、メーカーによって異なるため、一概にいくらとはいえません。

余計な出費を防ぐためにも、しっかりと定期的にメンテナンスを行ったり、設置場所に気をつけるといった工夫をしてください。

赤ちゃんのミルクに使えるの?

ウォーターサーバーの水を赤ちゃんのミルク作りに使えるのか不安に感じている人もいるかもしれませんが、
全く問題ないので安心してください。
逆にウォーターサーバーでミルク作りをした方が楽ですし、非常に安全です。

通常、赤ちゃんのミルクを作る時は水を沸騰させる必要がありますが、ウォーターサーバーには温水機能が備わっているので、
沸騰する手間を省くことができ、育児が楽になります。
これは赤ちゃんのミルク作りだけではなく、コーヒーやお茶などを作る時にも非常に便利です。

また、水道水に含まれている塩素がウォーターサーバーには含まれていないので、安心してミルク作りをすることができます。
ただ、仮にウォーターサーバーでミルク作りをする場合は、様々な成分が含まれた天然水よりも、
純粋の水に近いRO膜水を使用された方が良いでしょう。
天然水には健康や美容に良い成分が豊富に含まれていて、味も美味しいので、大人や子供には向いていますが、
赤ちゃんには向いていません。
そして、カルシウムやマグネシウムの量が多い硬水だと赤ちゃんの腎臓に負担をかけてしまうので、
軟水のウォーターサーバーを使用するようにしてください。

赤ちゃんの健康を真剣に考えるのであれば、ウォーターサーバーの利用を検討されてみてはいかがでしょうか?

バナジウム水って?

ウォーターサーバーの需要が高まり、ますます注目されるようになったのがバナジウム水です。
最近ではバナジウム水を売りにしているウォーターサーバーも多くなってきました。
バナジウム水に対して、体に良さそうとか美容に良さそうというイメージはあるけど
実際はどんな水なのかよく分からないといった人が多いと思います。
事実、管理人も調べるまでバナジウム水がどんな水なのか正しく理解できていませんでした。
これからバナジウム水と水道水との違いや、どんな効果が期待できるのかについてお話していくので、
ウォーターサーバーを選ぶ時の参考にしてください。

まずはバナジウム水と水道水との違いからです。
そもそもバナジウムとはミネラル成分のことで、身近なところだと海藻や乳製品、貝類、エビなどに豊富に含まれています。
水道水には含まれておらず、ウォーターサーバーでも入っているものは限られており、
バナジウム水を飲みたいのであれば、バナジウム配合の水を意識して買わないといけません。

バナジウムがたっぷりと入っているのが富士山の天然水です。
バナジウム水を飲みたい場合は、富士山の天然水を使用したフレシャスやプレミアムウォーターなどを選びましょう。

みなさんが気になっているバナジウム水の効果は次の通りです。

■ダイエット効果
バナジウム水のダイエット効果は有名です。
中性脂肪が体内に蓄積されるのを防ぐ働きがあります。
脂肪がつきづらくなるので、ダイエット効果がアップします。
効率良く痩せたいならバナジウム水を飲みながら行った方がいいでしょう。

■生活習慣予防
中高年だけではなく、最近では若い世代の間でも問題となっているのが生活習慣病です。
生活習慣病とは不規則な生活・偏った食生活によって発症する病気のことをいいます。
高血圧や糖尿病、肥満、脂質異常症などが生活習慣病に該当します。
これらの病気を放置するとどんどん悪化して、最終的に命に関わってしまうので、早めに対策を取らないといけません。
バナジウムに血液をサラサラになる効果があり、生活習慣病の予防・改善に有効だとされています。

■血糖値対策
バナジウムはインスリンと似た働きを持っており、血糖値を下げる効果があります。
血糖値の上昇は肥満や糖尿病のリスクを高めてしまいます。
血糖値が気になる人はバナジウム水を試してみるのもいいかもしれません。

この他にも便秘や美肌効果があるといわれています。
天然水となるので、ろ過されているRO水よりもお値段は割高になりますが、健康や美容に敏感な人にはおすすめです。

電気代が高いって本当?

「ウォーターサーバーは電気代が高いからちょっと・・・」
こうした理由で利用を躊躇している人は多いのではないでしょうか?
たしかに常にコンセントを差しておかないといけないので、電気だが気になるのは分かります。
電気代が高すぎると家計を圧迫してしまい、ウォーターサーバーどころではなくなってしまいます。
では、ウォーターサーバーは電気代がかかるという噂は本当なのでしょうか?

結論からいうとウォーターサーバーの電気代は、みなさんが想像しているよりも安いです。
管理人である私も調べてみるまでは、「けっこう高いんじゃないの?」と思っていましたが、
様々な業者のウォーターサーバーの電気代を調査したところ、月々1000円前後が相場でした。
1000円程度で使用できるならそれほど家計に与える影響は大きくないはずです。
ちなみに電気ポットを常に使用した場合、毎月の電気代はウォーターサーバーと同じ1000円前後かかります。
ウォーターサーバーであれば、冷水と温水の両方を使用できるので、
電気ポットに1000円をかけるよりもお得感がありますよね。

また、ウォーターサーバーを導入するとガス代の節約にも繋がります。
普通はお湯を沸かす際、ガスを使わないといけませんが、
ウォーターサーバーには温水機能も備わっているのでわざわざ沸かす必要がありません。
同じく水道の水を使用する機会も減るため、水道代も安くなるでしょう。
電気代は多少アップしますが、ガス代や水道水は今よりも安くなるので、
光熱費をトータルで考えるとお得になる可能性があります。

それでも月々1000円の電気代アップは気になる・・・という人もいるはずです。
毎月1000円アップすると年間で12000円多く光熱費を払うことになります。
しかし、この問題もしっかりと業者選びを行えば解決できるので安心してください。

毎月1000円というのはあくまでも相場です。
もっと電気代が安いウォーターサーバーをたくさんあるので、各業者を比較して安いところを見つけてください。
エコモード(省エネモード)を搭載しているタイプだと500円以下で利用することもできます。

やめる時に解約金がかかるって本当?

やめる時に解約金が発生するかどうかは、契約する業者によって異なるので、一概に絶対にかかるとはいえませんが、
基本的に契約期間中に解約をすると違約金・解約金を請求されることが多いです。
よく契約内容を理解せずに契約すると解約する時に痛い目を見るので注意してください。
もちろん、契約期間を過ぎてからの解約であればお金はかかりません。

契約期間と解約金は各ウォーターサーバー業者によって異なります。
1年から2年が一般的な契約期間で、解約金の相場は5000円から10000円程度です。
継続した方がお得なのか、やめた方がお得なのかは、残りの契約期間で変わるので、
1ヶ月のトータルコスト(水代、電気代、サーバーレンタル代など)を考えて判断してください。

たとえば、違約金5000円のウォーターサーバーと契約したとして、1ヶ月のトータルコストが4000円の場合、
契約期間が残り1ヶ月ならそのまま継続すべきです。
契約期間が残り2ヶ月の場合は、8000円のコストがかかるので、違約金を払ってでも解約した方がいいでしょう。
使わなかった時のことも考えて、ウォーターサーバーを契約する際は契約内容をしっかりと確認してください。

「ウォーターサーバーには興味があるけどずっと利用するかは分からない」
「夏だけウォーターサーバーを使いたい」こんな時は解約金がないウォーターサーバーもありますのでそちらをおすすめします。

音がうるさい!って本当?

ウォーターサーバーの口コミを見ると「音がうるさい!」といった書き込みもたまに見かけます。
こうした口コミが気になって導入を迷っている人もいるでしょう。
そこで、ウォーターサーバーの静音性について、解説していきたいと思います。

最初に結論からいうと静音性は利用するウォーターサーバーによって大きく異なります。
静かなものもあれば、うるさいものもあるので、
快適にウォーターサーバーを利用するためにも適当に選ぶのはやめてください。

ただ、基本的にどのウォーターサーバーも非常に静かで、騒音に感じることはありません。
冷蔵庫の音よりもっと静かです。
あまり冷蔵庫の音が騒音に感じる人はいないと思います。

本来は静かなウォーターサーバーが急に騒音を出すようになった場合、不具合が生じている可能性があります。
故障すると音が大きくなるケースが多いので、業者に連絡して修理・交換を行ってください。
こちらに原因がない限り、ほとんどの業者は無料で修理・交換してくれます。

誤って音の大きなウォーターサーバーを契約した際は、我慢するか解約するかの2つに1つです。
ストレスを感じながら使い続けるのは、精神衛生上良くないので、早めに解約した方がいいでしょう。
解約金がかかったとしてもそのまま継続利用するより、安く済みます。

音の静かなウォーターサーバーを選ぶためにも情報収集をきちんと行ってください。
メーカーの情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、口コミも参考にしましょう。
ちなみに省エネタイプのウォーターサーバーは音が静かな傾向があるのでおすすめです。
少しでも音を小さくしたい場合は、
ウォーターサーバーの下に防音性のあるマットを敷いたり、家具と離すといった工夫をしてください。
寝室に設置するとわずかな音でも気になって眠れないことがあります。
できる限り、キッチンや居間など睡眠の妨げにならない場所に設置しましょう。

置き場所に困るって本当?

「ウォーターサーバーは置き場所に困る」こんな話を聞いたことはありませんか?
サイズが大きいと設置場所に困ってしまうので、この問題は非常に重要です。
特にワンルームの人だと死活問題だといっていいでしょう。

まず、大きさは利用するウォーターサーバーによって異なるので、
しっかりと自分に合ったものを選ぶというのがポイントです。
ウォーターサーバーのサイズを確認して、それから契約しないと設置場所に困ってしまう可能性があります。
導入を考えている人はメーカーのホームページにサイズが記載されているので、設置しても邪魔にならないか考えてください。

設置場所はギリギリ入る置けるところよりも少し余裕のあるところにしましょう。
隙間が全くないとサーバー内に熱がこもり、故障のリスクを高めてしまいますし、ボトルの交換が大変になります。
さらに室外や直射日光の当たる場所、ホコリの多い場所、不安定な場所などもNGです。
これら以外の場所であればどこに置いてもかまいません。
その人によってベストな設置場所が違うので、自分がここに置いたら便利だと感じるところに置いてください。

邪魔になるから床に置きたくないという人もいると思いますが、そんな人でも利用できるウォーターサーバーがあります。
実はウォーターサーバーには床に置くタイプ以外にテーブルや机の上に置く卓上型もあるのです。
これなら床に置かずに使用できるので、全く生活スペースを脅かす心配がありません。
ワンルームの人でもストレスを感じずに利用できるでしょう。
コンパクトサイズなので一人暮らしの人におすすめのウォーターサーバーです。

ただし、卓上型のウォーターサーバーを利用する場合、1つ問題があります。
それはボトルが従来よりも小さいため、ボトルの交換頻度が多くなるということです。
一人暮らしなら消費量が少ないので気にならないかもしれませんが、家族で使用となると不便に感じるでしょう。
サイズが小さく便利な反面、こうした問題があるので、家族の人数を考えてから契約してください。

ページの先頭へ戻る