ウォーターサーバー選びの参考に

ウォーターサーバー口コミnavi

赤ちゃんバナー

よくあるご質問とその答え

非常時の備えとして利用できるの?

ウォーターサーバーを非常時の備えとして設置する人も増えています。
災害が起きた場合、ライフラインが停止して、水道を使用できない可能性があります。
そんな時でもウォーターサーバーがあれば、水に困ることはありません。

備蓄水としてペットボトルを購入しておくという方法もありますが、
いつ起こるのか分からない時のためにお金を払うのはもったいないと感じる人もいるでしょう。
賞味期限もあるので長期間の保管が難しく、いざという時に使えない可能性だってあります。
さらに貯蓄水を保管するスペースも確保しないといけません。
ペットボトルだとこうした問題があるため、貯蓄水としては利用しづらいです。

一方、ウォーターサーバーの場合は、定期的に新しい水を注文するので、常に新鮮な水をストックできます。
ペットボトルのように賞味期限が迫る度に買い直す必要もなく経済的です。
基本的にウォーターサーバーの水は未開封だと約6ヶ月程度持ちます。

一般的に3日分程度の水は最低限備蓄しておく必要があり、1人当たり1日に必要な水は最低3リットルだといわれています。
3日間で1人当たり9リットルの水が必要になるので、3人家族だと27リットル、
4人家族だと36リットルの水を備蓄しておかないといけませんが、この量はあくまでも最低限の量です。
すぐに水を確保できない場合もあるので、可能であればこれ以上備蓄しておきましょう。

非常時のことを考えてウォーターサーバーを特に導入して欲しいのが赤ちゃんがいるご家庭です。
赤ちゃんは大人とは違ってデリケートなので、ミネラル分が多い硬水をミルクに使用することはできません。
もし、使用できるのが身近に硬水しかなかった場合、ミルク作りが難しくなります。
ウォーターサーバーがあるとこうしたトラブルも回避できます。

ウォーターサーバーは贅沢なイメージが強いかもしれませんが、
災害が起きた時のことを考えるとあるに越したことはありません。
家族の安全を守るためにもウォーターサーバーの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにウォーターサーバーは停電時でも使用可能です。
電源が入らないため、冷水・温水は使用できず、常温になってしまいますが、
レザー・ボタンを押したり、コルクをひねると普通に水が出ます。
ただし、常温だと消費期限が短くなるため、早めに使い切るようにしてください。

管理人が災害時のことを考えてウォーターサーバーを設置するならフレシャスにします。
フレシャスが採用しているウォーターパックだと角を切ればサーバーに設置しなくても使えますし、
持ち運びもしやすいので便利です。

ページの先頭へ戻る