ウォーターサーバー選びの参考に

ウォーターサーバー口コミnavi

赤ちゃんバナー

基礎知識

ウォーターサーバーを利用するのに必要な料金

ウォーターサーバーを設置するにあたって、みなさんが1番気になるポイントが料金だと思います。
お水代や電気代以外にもかかる料金は意外とたくさんありますのでチェックしておきましょう。

初期費用または設置費用

初期費用等は、ほとんどのメーカーではキャンペーンなどで実質無料になっています。
また、サーバーの設置費用がオプションで必要になるところもあります。
無料で設置してくれるところも多いのですが、中には自分で設置しなければならない場合もあります。
この場合、自分で出来ない場合は設置費用を支払って設置してもらうことになりますので、気をつけましょう。

お水代

ウォーターサーバーの料金で必ず必要になるのがお水代です。
メーカーによりますが、一般的に天然水は高く、RO水は安く設定されています。
天然水の種類が選べるところもありますが、値段が違うこともあります。
使用量によって料金は大きく変わってきますので、ご自身がどのくらい使うのか
よく考えてから契約しましょう。

電気代

ウォーターサーバーは毎日24時間稼働していますから電気代も気になります。
サーバーによってまちまちですが、大体月額1,000円前後と考えればいいでしょう。
最近はエコ機能のついたサーバーも増えてきていますので、その場合はかなり電気代はカットできます。
サーバーによっては半分以下になるものもあります。

サーバーレンタル料

こちらもメーカーによって無料のところ、そうでないところまちまちです。
同じメーカーでもレンタル料がかかるサーバーとかからないサーバーがあることもあります。
デザイン性が高いものや高機能のものにはレンタル代がかかる場合が多いです。
また一定以上の本数のボトルを購入するなど、条件付きで無料になるサーバーもあります。

配送料

一定の量を購入すれば無料になるところがほとんどですが、地域や注文本数によっては配送料がかかる場合もあります。
おなじメーカーでも地域によって配送料がかかるケースもあります。
お水を届けてもらうたびに発生してしまう費用なので思わぬ出費になる事も。
で公式サイトでしっかり確認しておきましょう。

メンテナンス料

メーカーによっては定期的にメンテナンスを実施したり、無料で交換を行っているところもあります。
無料であったり月々のサポート料として支払ったりと、システムはさまざまです。
自動クリーニング機能がついていてメーカーのメンテナンスの必要がないサーバーもあります。

解約金

ウォーターサーバーは契約年数が決められていることが多く、期間を満了する前に解約を希望する場合は解約金がかかります。
途中で解約してしまい思わぬ出費にならないよう、契約する際はしっかり条件を確認して
ご自分にあったシステムのものを選びましょう。
解約金のかからないメーカーもありますので、長期間使うかどうかわからない方はそちらを選ぶといいでしょう。

水の容器

ウォーターサーバーの容器には、主に「ガロンボトル」と「ワンウェイボトル」
「ウォーターパック」「バッグインボックス」の4種類があります。

ガロンボトルとは、ウォーターサーバーが実用化された時から使われている回収タイプのボトルのことをいいます。
定期的に業者が使い切ったボトルを回収に訪れ、回収したボトルを綺麗に洗浄し、その中に水を入れて再利用します。
ゴミが出ないので地球環境に優しいですし、ガロンボトルのウォーターサーバーを選ぶことで、
ミネラルウォーター代を抑えることも可能です。
ただし、使い切ったボトルを回収日まで保管しておかないといけないので、保管場所を確保する必要があります。
また、何度も再利用して使用されるため、衛生面に不安が残るという人もいるでしょう。

ワンウェイボトルとは、最近使用され始めた使い切りタイプのボトルです。
一度使い切ったボトルは、そのまま再利用せずにそのままリサイクル資源として処分することができるので、
保管場所を確保する必要がありません。
そして、毎回新品のボトルを使用できるので、衛生面の心配をする必要もありません。
ただ、その都度ゴミとして処分するので、お世辞にも地球環境に優しいといえませんし、
ガロンボトルよりもミネラルウォーター代が高めに設定されています。

ウォーターパックは、ボトルよりも少量の水をビニールのような素材の袋にパックしたものです。
ワンウェイボトル同様使い切ったらそのまま捨てられますし、
小さくたたんで捨てられますのでゴミの量もあまり多くなりません。

バッグインボックスはビニール袋に入った水を段ボールの箱の中にセットしたものです。
給水コックがついていて、サーバーに設置しなくても使えるものもあります。
電気が使えなくてもお水が出せるというのは災害時に役立つ機能ですね。
こちらも使い切ったらそのまま捨てられるタイプの容器です。

コストとエコを考えるのならガロンボトル、衛生面と手間を考えるのなら
ワンウェイ方式になるので、自分に合った方を選んでください。

フレシャス

↑↑↑↑↑↑7.2Lのウォーターパックで楽々セット!!↑↑↑↑↑↑
↑↑↑↑↑↑卓上サーバーも選べる女性に人気のウォーターサーバーはこちら↑↑↑↑↑↑

定期便か都度注文か

わざわざ重たい水を買いに行かなくても、自宅まで配達してくれるというのがウォーターサーバーのメリットです。
2リットルのミネラルウォーターを5本購入するとそれだけで10キロになってしまうので、
他の買物を一緒にすることができませんし、自宅までそれを持って帰るのは非常に大変な作業です。
もし、このような思いをしているのであれば、ウォーターサーバーの設置を検討されるのも良いかもしれません。

ウォーターサーバーの水の宅配方法は「定期便」と「都度注文」の2つあります。

定期便というのは、配達日や配達間隔を事前に設定し、それに合わせて定期的に届けてくれる宅配方法のことです。
注文をわざわざする必要がないので、「注文を忘れてしまってもう水がない」という事態を防げるのが定期便のメリットです。
ただし、定期的に配達されるので、水をその時までに使用しないとどんどんストックが増えていくというデメリットもあります。

都度注文というのは、自分が必要と感じた時にその都度注文できる宅配方法のことで、
それほど多く水を使用されない一人暮らしの方や高齢者の方に利用されています。
自分が必要な時に注文できるというメリットがある一方、その都度連絡しないといけないので、
多少手間がかかりますし、注文を忘れてしまい必要な時に使用できないという事態を招く可能性もあります。

そして、定期便・都度注文ともに「月に何本消費しないといけない」とか「注文は何本以上から」といった
メーカーによるルールがあるので、きちんと確認するようにしてください。

アクアクララ

↑↑↑↑↑↑お水は必要な時だけ注文できる!!↑↑↑↑↑↑
↑↑↑↑↑↑豊富なサーバーの種類から選べるウォーターサーバーはこちら↑↑↑↑↑↑

サーバーの機能

昔のウォーターサーバーには冷水機能しかありませんでしたが、現在は様々な機能が備わっています。
管理人も驚きましたが「えっ!こんな機能まで!」と思うようなものもあるので、
ウォーターサーバーは検討している人は確認しておきましょう。
代表的なウォーターサーバーの機能は次の通りです。

温水機能

温水機能は現在どのウォーターサーバーにも備わっています。
温水の温度は約80度から90度程度で、カップラーメンやコーヒーを作る時に利用している人が多いです。
ウォーターサーバーの中には温度を調整できるタイプもあります。

チャイルドロック

小さな子供がいるご家庭に嬉しいのがチャイルドロック機能です。
チャイルドロックが備わっていれば、万が一子供が温水レザーを押しても火傷をする心配がありません。
温水機能と同じく、最近のウォーターサーバーにはほぼ搭載されています。

省エネモード

電気代が気になる人は省エネモードを搭載しているのか確認してください。
この省エネモードの有無で月々の電気代が大きく変わってきます。
一般的なウォーターサーバーの月々の電気代は約1000円程度で、高いものだと1500円くらいかかります。
設置するとガス代や水道水を節約できますが、それでもこの金額が気になる人は多いはずです。
省エネモードが搭載されているウォーターサーバーだと半額またはそれ以下の電気代で使用できます。
アクアクララのアクアアドバンスの場合、月々の電気代は350円しかかかりません。
もちろん、使用状況にもよりますが、大幅に電気代を節約できるのはたしかです。
管理人もウォーターサーバーを選ぶなら省エネモードを搭載したものにします。
ちなみに省エネモードには手動タイプと自動タイプの2つがあります。

無菌エアシステム

ウォーターサーバーについて調べているとよく目にするのが「無菌エアシステム」です。
無菌エアシステムとは空気がサーバーや水に侵入するのを防ぐ機能のことをいいます。
ワンウェイタイプのウォーターサーバーに搭載されていることが多いです。
このシステムが搭載されていれば、最初から最後まで品質の変わらない水を飲めます。

自動メンテナンス機能(セルフクリーン機能)

最近、多くなってきたのが自動メンテナンス機能を搭載したウォーターサーバーです。
自動メンテナンス機能があると自動でサーバー内部を洗浄してくれるので、
メーカーによる定期メンテナンスが必要ありません。
ただし、メーカーの定期メンテナンスの必要はないですが、外部メンテナンスは自分で行わないといけません。

一人暮らしの方が選ぶ時のポイント

「一人暮らしにはウォーターサーバーは向いていない」こんなイメージを持っている人はいませんか?
管理人もウォーターサーバーについて詳しく調べる前は、みなさんと同じく、一人暮らしには不要なものだと思っていました。
しかし、ウォーターサーバーには色々な種類があり、一人暮らし向きのものもあるのです。
一人で使うのはもったいない、一人だと使う意味がないと諦めている人のために
ウォーターサーバーの使い道や選び方を紹介していきます。

まずは一人暮らしの人の使い道です。
一人暮らしだと飲み水だけに使用していると余ってしまうことが多いので、色々なものに使ってください。
料理をする人ならご飯を炊くのに使うのもいいですし、コーヒーやお茶に使うといつもよりも美味しくなります。
一人暮らしだと食べる機会が多いカップラーメンもウォーターサーバーがあればすぐに作ることができます。
ダイエットをしたい人ならバナジウム水を選べば、痩せやすくなります。
さらに生活習慣病の予防にもなるので、不規則な生活を送っている人にもおすすめです。

次に一人暮らしの人のウォーターサーバーの選び方について説明します。
一人暮らしの人がウォーターサーバーを選ぶ場合、以下の3つのポイントを注意してください。
この3点さえ抑えれば、快適なウォーターサーバー生活を送ることができます。

コンパクトなウォーターサーバー

一人暮らしの部屋に大きなウォーターサーバーを設置してしまうと邪魔になります。
生活の妨げにならないようにコンパクトなウォーターサーバーを選びましょう。
管理人が選ぶならスリムタイプもしくは卓上タイプにします。

ワンウェイタイプのウォーターサーバー

ボトルを再利用するリターナブルタイプだとボトルの保管スペースを確保しないといけません。
ワンルームで保管スペースを設けるとなると生活スペースが狭くなってしまいます。
これを防ぐためにもワンウェイタイプのウォーターサーバを選んでください。
ワンウェイタイプのウォーターサーバなら使用済みボトルをそのままゴミ箱に捨てることができるので、
保管スペースを確保する必要がありません。

ノルマや解約金の確認

サーバー代が無料のウォーターサーバーには、基本的にノルマがあります。
そのノルマをクリアしないとサーバーレンタル代が発生してしまうので、使用量が少ない一人暮らしの人は
必ず契約前に条件を確認しましょう。
また、設置したのはいいけどあまり使う機会がなかったというケースも少なくありません。
契約期間中に解約すると解約金が発生するので、ノルマと一緒にこちらも確認してください。

クリクラミオ

↑↑↑↑↑↑一人暮らしの方におすすめ!!1本(8L)から注文できる!!↑↑↑↑↑↑
↑↑↑↑↑↑レンタル料・送料・メンテナンス料無料のウォーターサーバーはこちら↑↑↑↑↑↑

飲み水以外の使用用途

ウォーターサーバーは飲み水以外にも使用できるので、設置してみると意外と使う機会が多いのが分かります。
具体的にどういったことにウォーターサーバーの水を使用できるのか紹介していきます。
これからウォーターサーバーの導入を予定している人は参考にしてください。

コーヒーやお茶

天然水のウォーターサーバーを利用している人は、ぜひコーヒーやお茶をいれる時に使ってみてください。
水道水でいれるよりも断然美味しくなります。
100円ショップやスーパーの安い商品でさえ、美味しく感じるので、普段のティータイムがずっと楽しくなるでしょう。
RO水を使用してもこの違いに気付くはずです。
クセのない味を好む人には、天然水よりもRO水のウォーターサーバーをおすすめします。

料理

天然水・RO水ともに料理との相性もバッチリです。
味噌汁を作る時やご飯を炊く時に使用すると普段の食事がさらに美味しくなります。
水道水で炊いたご飯だと放置すると黄色くなりますが、天然水で炊くと黄色くなりづらく、
翌日でも美味しく食べることができます。
ただし、料理によって硬水がいいのか、軟水がいいのか変わります。
硬水が向いているのは煮込み料理やパスタ、軟水が向いているのはご飯や味噌汁などです。

カップラーメン

カップラーメンは手軽に作ることができる便利な食品ですが、お湯を沸かすのが面倒な時もあるでしょう。
そんな時、ウォーターサーバーがあればすぐに作ることができます。
基本的にどのウォーターサーバーにも温水機能が付いています。
わざわざお湯を沸かさずにすぐに作れてしまうので、一人暮らしの人にもおすすめです。

赤ちゃんのミルク作り

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに利用している人は多いです。
ミルクの度にお湯を沸かす必要がないので、ガス代の節約にもなります。
水道水よりも安全性が高く、安心して赤ちゃんに与えられます。
赤ちゃんのミルク作りに利用する場合は、硬水ではなく軟水のウォーターサーバーを選びましょう。
硬水だとミネラル分が多くて、下痢を起こす危険があります。

ダイエット・健康維持

知らない人も多いかもしれませんが、ウォーターサーバーはダイエットにも使用できます。
富士山の天然水に多く含まれているバナジウム水には脂肪がつくのを抑えたり、
血糖値を安定させる効果があるので、ダイエットに使っている人も少なくありません。
生活習慣病予防にも効果があり、健康志向の人にも向いています。

水の種類

ウォーターサーバーに使用される水は大きく「天然水」と「RO膜水」の2種類に分けられます。
天然水というのは、その名の通り天然の水を極力加工せずにボトルに詰めたもので、飲みやすく美味しいです。
また、自然のミネラルが豊富に含まれているので、健康はもちろん、美容にも良いといわれています。
そして、このような天然水のことを「ナチュラルミネラルウォーター」ともいいます。

一方、RO膜水というのは、水道水や地下水を高性能浄水器でろ過した水のことで、不純物がほとんど混じっていないのが特徴です。
そのため、安全性が非常に高く、赤ちゃんのミルク作りに最適な水だといえます。
ただし、本来含まれているはずのミネラルさえもろ過してしまうので、そのまま飲むと通常の水よりも美味しくはありません。
そこで、ウォーターサーバーに使用されるRO膜水の中には、ミネラルを人工的に加え、飲みやすくしています。
ミネラルウォーター代を比較すると平均的に天然水の方が割高になっており、RO膜水の方が安く購入することができます。
コストを少しでも抑えたいという場合や安全性の高い水を使用したい場合は、RO膜水がおすすめですし、
天然の美味しい水を飲みたい場合は天然水のウォーターサーバーがおすすめです。

メリット

美味しくて安全な水が飲める

ウォーターサーバーを自宅に設置する方が増えていますが、その一番の理由として考えられるのが
「美味しくて安全な水が飲める」ということです。
ウォーターサーバーの水は、各地の天然水を使用しているので、放射能混入の心配がありませんし、塩素も含まれていません。
今までは何も考えずに安心して水道水を飲んでいた人も、原子力発電所の事故によって、
水道水汚染が不安になった人も多いのではないでしょうか?
それがきっかけとなって、飲み水を水道水からウォーターサーバーに変えたという人も多いと思います。
水は私たちにとって無くてはならない存在なので、安全な水を使用したいと思うのは当然のことです。
日本の水道水は確かに厳しい水質基準を設けており、世界的に安全な水の部類に入りますが、
それでも不安というのはなかなか払拭できません。
また、原子力発電所の事故以前から、水道水の安全性について疑問視されていました。
水道水は水質を保つために一定量の塩素を入れているため、人体に何かしらの悪影響が与える可能性があります。
そして、その塩素は独特な味と臭いをもたらしてしまうので、お世辞にも美味しい水とは言えません。
こういったことがきっかけで、美味しくて安全に飲めるウォーターサーバーを設置する人が増えているのだと思われます。

水を買う手間が省ける

「水を買う手間が省ける」というのもウォーターサーバーを設置するメリットではないでしょうか。
みなさんの中にも、スーパーやコンビニなどでミネラルウォーターを購入している人がいると思いますが、
正直かなりの重労働ですよね?
1本2リットルのミネラルウォーターを5本購入した場合、重さは10キロになってしまいます。
10キロといえば小さな子供の体重と同じ重さなので、これを毎回お店から自宅まで運ぶのは非常に大変な作業です。
車を持っていればまだ良いですが、徒歩や自転車で買物をされている人は、毎回重たい思いをしないといけないので、
ミネラルウォーターを買うたびにうんざりしてしまうはずです。
誰か持つのを手伝ってくれる人がいれば助かりますが、主婦の方が1人で大変な思いをしていることがほとんどです。
その点、ウォーターサーバーであれば、わざわざ水を買いに行く必要がないので、そんな大変な思いをしないで済みます。
ウォーターサーバーの水は、業者に連絡をするだけで自宅まで配達してもらえますし、場合によっては定期的に届けてもらえます。
ウォーターサーバーがあれば、ミネラルウォーターのせいで手が塞がることも無いので、普段の買物も楽になります。

お湯がいつでも使える

「お茶が飲みたい」「コーヒーが飲みたい」「紅茶が飲みたい」といった必ずお湯が必要になりますが、
いちいちお湯を沸かすのは面倒ですよね?
また、その度にお湯を沸かしていたらガス代や電気代がかかってしまうので、とても経済的とはいえません。
しかし、ウォーターサーバーを設置するとそういった問題を解消できます。
あまり知られていませんが、ウォーターサーバーには温水機能も備わっており、いつでも温かいお湯が使えるようになっています。
しかも、天然水を使用しているので、水道水で作るお湯よりも美味しいというメリットもあり、お茶・紅茶・コーヒーなどに最適です。
そして、実はポットよりも電気代がかからないので、電気代の節約にもなるという経済的メリットもあります。
また、仮に水道工事による断水で水が使用できなくなった時でも、ウォーターサーバーのお湯を使えば
温かい飲み物を作ることができますし、急な来客時でもすぐにお茶を用意することができます。
このようにウォーターサーバーに温水機能が付帯していることによって、いつもの生活が便利に楽になります。
ウォーターサーバーの温水機能は利用方法が色々あるので、設置された際には様々なことにお試しください。

デメリット

設置スペースが必要



ウォーターサーバーのデメリットで一番大きいのが、専用の設置スペースが必要ということです。
家が広いご家庭であれば問題ないかもしれませんが、
一般的なご家庭の場合はウォーターサーバーを一台設置するだけで大変です。
一番の理想は、キッチンの近くにウォーターサーバーを設置することですが、
食器棚や冷蔵庫、テーブルなどがあるので、設置すると大変窮屈になってしまう家庭もあるでしょう。
そうなってしまうとリビングに設置するしかありませんが、お部屋の雰囲気とマッチせず、違和感を感じる場合があります。
お部屋の雰囲気にこだわりを持っている人の場合、それに耐えることができないケースもあるので、注意が必要です。
最近では、デザイン性が高いウォーターサーバーもあるので、そういった物を選べば多少問題が解決するかもしれませんが、
統一感は確実に失われてしまいます。

このようにウォーターサーバーを設置する上で、「どこに置くのか」という問題が発生するので、
事前に設置スペースを考えておいた方が良いでしょう。
そして、その時に注意しないといけないのが、子供をお持ちのご家庭です
ウォーターサーバーには温水機能が備わっており、親が目を離した隙に子供が誤ってお湯を出してしまい、
火傷をするケースもあります
そのため、子供が触ることができないように工夫することも必要です。

コストがかかる



ウォーターサーバーは当然ながら無料で利用できるものではないので、ある程度のコストがかかります。
一般的にウォーターサーバーにかかるコストは、
「ウォーターサーバーレンタル料金」「ミネラルウォーター代」「メンテナンス費用」「電気代」です。
ウォーターサーバーの中には、レンタル無料というものもありますし、
もちろんウォーターサーバーそのものを購入してしまえばレンタル料金は発生しません。
仮にウォーターサーバーをレンタルで利用した場合、レンタル費用はおよそ月500円から1000円程度です。

この中で意外とコストがかかるのが電気代月に1000円ほどは見ておいた方が良いでしょう。
ミネラルウォーター代は人によって異なりますが、だいたい月4000円から5000円前後だと思ってください。
そして、メンテナンス費用は無料のところもありますが、有料の場合だと1年に1回行なうとして、5000円前後かかります。
そうすると一年間に約5500円から7000円といったところで、メンテナンスを行なった月はそれに5000円プラスされます。

ウォーターサーバーを設置するとだいたいこのくらいのコストが発生するので、
人によってはミネラルウォーターをその都度購入された方が安いケースもあります。
ただ、ウォーターサーバーを設置することによって、わざわざ重たい思いをして買わなくても、
いつでも美味しい水が飲めるというメリットがある
ので、その点も考慮しないといけません。

衛生面の問題



ウォーターサーバーを利用する際に多くの方が気になる点が「衛生面」に関する問題です。
ウォーターサーバーに使用する水は天然水なので、味は美味しいですし、安全性も非常に高いです。
しかし、ウォーターサーバーそのものが汚れていたら、せっかくの綺麗な水が台無しになってしまいます。
そうならないためにも、必ずしないといけないのが、ウォーターサーバーのメンテナンス作業です。

ウォーターサーバーのメンテナンスは、基本的に1年に1回必要だといわれており、
メンテナンスをしないと衛生的な水を飲むことができません。

そして、メンテナンスは一般的に業者が有料もしくは無料で行なってくれますが、
利用するウォーターサーバーによってはセルフメンテナンスの場合もあります。
セルフメンテナンスの場合だと自分でメンテナンスを行なわないといけないので、面倒な手間がかかってしまいます。
そのため、1年に1回のメンテナンスを行なわずにそのまま使用してしまうケースも多いです。
そうするとウォーターサーバーにカビが生えたり、
不純物が混じったりしてしまうので、清潔な水を飲むことができなくなります。

このようにウォーターサーバーには、衛生面を保つのに手間やお金がかかるというデメリットがあります。
しかし、最近では自動メンテナンス機能を搭載したウォーターサーバーもあるので、
メンテナンスのことが気になる場合はそういった最新の物を購入されるのもひとつの方法です。

アルピナウォーター

↑↑↑↑↑↑ノルマなし!!お水が安い!!↑↑↑↑↑↑
↑↑↑↑↑↑サーバーも2年に1回無料で交換してもらえるウォーターサーバーはこちら↑↑↑↑↑↑

ページの先頭へ戻る