ウォーターサーバー選びの参考に

ウォーターサーバー口コミnavi

赤ちゃんバナー

基礎知識

サーバーの機能

昔のウォーターサーバーには冷水機能しかありませんでしたが、現在は様々な機能が備わっています。
管理人も驚きましたが「えっ!こんな機能まで!」と思うようなものもあるので、
ウォーターサーバーは検討している人は確認しておきましょう。
代表的なウォーターサーバーの機能は次の通りです。

温水機能

温水機能は現在どのウォーターサーバーにも備わっています。
温水の温度は約80度から90度程度で、カップラーメンやコーヒーを作る時に利用している人が多いです。
ウォーターサーバーの中には温度を調整できるタイプもあります。

チャイルドロック

小さな子供がいるご家庭に嬉しいのがチャイルドロック機能です。
チャイルドロックが備わっていれば、万が一子供が温水レザーを押しても火傷をする心配がありません。
温水機能と同じく、最近のウォーターサーバーにはほぼ搭載されています。

省エネモード

電気代が気になる人は省エネモードを搭載しているのか確認してください。
この省エネモードの有無で月々の電気代が大きく変わってきます。
一般的なウォーターサーバーの月々の電気代は約1000円程度で、高いものだと1500円くらいかかります。
設置するとガス代や水道水を節約できますが、それでもこの金額が気になる人は多いはずです。
省エネモードが搭載されているウォーターサーバーだと半額またはそれ以下の電気代で使用できます。
アクアクララのアクアアドバンスの場合、月々の電気代は350円しかかかりません。
もちろん、使用状況にもよりますが、大幅に電気代を節約できるのはたしかです。
管理人もウォーターサーバーを選ぶなら省エネモードを搭載したものにします。
ちなみに省エネモードには手動タイプと自動タイプの2つがあります。

無菌エアシステム

ウォーターサーバーについて調べているとよく目にするのが「無菌エアシステム」です。
無菌エアシステムとは空気がサーバーや水に侵入するのを防ぐ機能のことをいいます。
ワンウェイタイプのウォーターサーバーに搭載されていることが多いです。
このシステムが搭載されていれば、最初から最後まで品質の変わらない水を飲めます。

自動メンテナンス機能(セルフクリーン機能)

最近、多くなってきたのが自動メンテナンス機能を搭載したウォーターサーバーです。
自動メンテナンス機能があると自動でサーバー内部を洗浄してくれるので、
メーカーによる定期メンテナンスが必要ありません。
ただし、メーカーの定期メンテナンスの必要はないですが、外部メンテナンスは自分で行わないといけません。

ページの先頭へ戻る