ウォーターサーバー選びの参考に

ウォーターサーバー口コミnavi

赤ちゃんバナー

基礎知識

ウォーターサーバーを利用するのに必要な料金

ウォーターサーバーを設置するにあたって、みなさんが1番気になるポイントが料金だと思います。
お水代や電気代以外にもかかる料金は意外とたくさんありますのでチェックしておきましょう。

初期費用または設置費用

初期費用等は、ほとんどのメーカーではキャンペーンなどで実質無料になっています。
また、サーバーの設置費用がオプションで必要になるところもあります。
無料で設置してくれるところも多いのですが、中には自分で設置しなければならない場合もあります。
この場合、自分で出来ない場合は設置費用を支払って設置してもらうことになりますので、気をつけましょう。

お水代

ウォーターサーバーの料金で必ず必要になるのがお水代です。
メーカーによりますが、一般的に天然水は高く、RO水は安く設定されています。
天然水の種類が選べるところもありますが、値段が違うこともあります。
使用量によって料金は大きく変わってきますので、ご自身がどのくらい使うのか
よく考えてから契約しましょう。

電気代

ウォーターサーバーは毎日24時間稼働していますから電気代も気になります。
サーバーによってまちまちですが、大体月額1,000円前後と考えればいいでしょう。
最近はエコ機能のついたサーバーも増えてきていますので、その場合はかなり電気代はカットできます。
サーバーによっては半分以下になるものもあります。

サーバーレンタル料

こちらもメーカーによって無料のところ、そうでないところまちまちです。
同じメーカーでもレンタル料がかかるサーバーとかからないサーバーがあることもあります。
デザイン性が高いものや高機能のものにはレンタル代がかかる場合が多いです。
また一定以上の本数のボトルを購入するなど、条件付きで無料になるサーバーもあります。

配送料

一定の量を購入すれば無料になるところがほとんどですが、地域や注文本数によっては配送料がかかる場合もあります。
おなじメーカーでも地域によって配送料がかかるケースもあります。
お水を届けてもらうたびに発生してしまう費用なので思わぬ出費になる事も。
で公式サイトでしっかり確認しておきましょう。

メンテナンス料

メーカーによっては定期的にメンテナンスを実施したり、無料で交換を行っているところもあります。
無料であったり月々のサポート料として支払ったりと、システムはさまざまです。
自動クリーニング機能がついていてメーカーのメンテナンスの必要がないサーバーもあります。

解約金

ウォーターサーバーは契約年数が決められていることが多く、期間を満了する前に解約を希望する場合は解約金がかかります。
途中で解約してしまい思わぬ出費にならないよう、契約する際はしっかり条件を確認して
ご自分にあったシステムのものを選びましょう。
解約金のかからないメーカーもありますので、長期間使うかどうかわからない方はそちらを選ぶといいでしょう。

ページの先頭へ戻る