ウォーターサーバー選びの参考に

ウォーターサーバー口コミnavi

赤ちゃんバナー

基礎知識

水の容器

ウォーターサーバーの容器には、主に「ガロンボトル」と「ワンウェイボトル」
「ウォーターパック」「バッグインボックス」の4種類があります。

ガロンボトルとは、ウォーターサーバーが実用化された時から使われている回収タイプのボトルのことをいいます。
定期的に業者が使い切ったボトルを回収に訪れ、回収したボトルを綺麗に洗浄し、その中に水を入れて再利用します。
ゴミが出ないので地球環境に優しいですし、ガロンボトルのウォーターサーバーを選ぶことで、
ミネラルウォーター代を抑えることも可能です。
ただし、使い切ったボトルを回収日まで保管しておかないといけないので、保管場所を確保する必要があります。
また、何度も再利用して使用されるため、衛生面に不安が残るという人もいるでしょう。

ワンウェイボトルとは、最近使用され始めた使い切りタイプのボトルです。
一度使い切ったボトルは、そのまま再利用せずにそのままリサイクル資源として処分することができるので、
保管場所を確保する必要がありません。
そして、毎回新品のボトルを使用できるので、衛生面の心配をする必要もありません。
ただ、その都度ゴミとして処分するので、お世辞にも地球環境に優しいといえませんし、
ガロンボトルよりもミネラルウォーター代が高めに設定されています。

ウォーターパックは、ボトルよりも少量の水をビニールのような素材の袋にパックしたものです。
ワンウェイボトル同様使い切ったらそのまま捨てられますし、
小さくたたんで捨てられますのでゴミの量もあまり多くなりません。

バッグインボックスはビニール袋に入った水を段ボールの箱の中にセットしたものです。
給水コックがついていて、サーバーに設置しなくても使えるものもあります。
電気が使えなくてもお水が出せるというのは災害時に役立つ機能ですね。
こちらも使い切ったらそのまま捨てられるタイプの容器です。

コストとエコを考えるのならガロンボトル、衛生面と手間を考えるのなら
ワンウェイ方式になるので、自分に合った方を選んでください。

フレシャス

↑↑↑↑↑↑7.2Lのウォーターパックで楽々セット!!↑↑↑↑↑↑
↑↑↑↑↑↑卓上サーバーも選べる女性に人気のウォーターサーバーはこちら↑↑↑↑↑↑

ページの先頭へ戻る