ウォーターサーバー選びの参考に

ウォーターサーバー口コミnavi

赤ちゃんバナー

基礎知識

飲み水以外の使用用途

ウォーターサーバーは飲み水以外にも使用できるので、設置してみると意外と使う機会が多いのが分かります。
具体的にどういったことにウォーターサーバーの水を使用できるのか紹介していきます。
これからウォーターサーバーの導入を予定している人は参考にしてください。

コーヒーやお茶

天然水のウォーターサーバーを利用している人は、ぜひコーヒーやお茶をいれる時に使ってみてください。
水道水でいれるよりも断然美味しくなります。
100円ショップやスーパーの安い商品でさえ、美味しく感じるので、普段のティータイムがずっと楽しくなるでしょう。
RO水を使用してもこの違いに気付くはずです。
クセのない味を好む人には、天然水よりもRO水のウォーターサーバーをおすすめします。

料理

天然水・RO水ともに料理との相性もバッチリです。
味噌汁を作る時やご飯を炊く時に使用すると普段の食事がさらに美味しくなります。
水道水で炊いたご飯だと放置すると黄色くなりますが、天然水で炊くと黄色くなりづらく、
翌日でも美味しく食べることができます。
ただし、料理によって硬水がいいのか、軟水がいいのか変わります。
硬水が向いているのは煮込み料理やパスタ、軟水が向いているのはご飯や味噌汁などです。

カップラーメン

カップラーメンは手軽に作ることができる便利な食品ですが、お湯を沸かすのが面倒な時もあるでしょう。
そんな時、ウォーターサーバーがあればすぐに作ることができます。
基本的にどのウォーターサーバーにも温水機能が付いています。
わざわざお湯を沸かさずにすぐに作れてしまうので、一人暮らしの人にもおすすめです。

赤ちゃんのミルク作り

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク作りに利用している人は多いです。
ミルクの度にお湯を沸かす必要がないので、ガス代の節約にもなります。
水道水よりも安全性が高く、安心して赤ちゃんに与えられます。
赤ちゃんのミルク作りに利用する場合は、硬水ではなく軟水のウォーターサーバーを選びましょう。
硬水だとミネラル分が多くて、下痢を起こす危険があります。

ダイエット・健康維持

知らない人も多いかもしれませんが、ウォーターサーバーはダイエットにも使用できます。
富士山の天然水に多く含まれているバナジウム水には脂肪がつくのを抑えたり、
血糖値を安定させる効果があるので、ダイエットに使っている人も少なくありません。
生活習慣病予防にも効果があり、健康志向の人にも向いています。

ページの先頭へ戻る